全公演を無事に終了いたしました。

お客様ならびにご関係の方々に、心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。


Innovative Incubation of Regional Arts~三重・広島~2022

「愛のためだとしても自分の名誉を犠牲にするやつなんかいやしないんだよ」

「何万、何十万という女はそうしてきたの」

世界中で上演され続けるイプセンの名作「人形の家」。

人間の弱さと傲慢さに向き合う、家族であること

/家族になること/家族をすることをめぐる物語。

原作:ヘンリック・イプセン

構成・演出:鳴海康平第七劇場

出演

小林冴季子舞台芸術制作室 無色透明グンジョーブタイ

松陰未羽グンジョーブタイ

小菅紘史第七劇場

木母千尋第七劇場

江島慶俊舞台芸術制作室 無色透明

深海哲哉グンジョーブタイ

スタッフ

照明:村上哲也(株式会社フルライトユニオンコーポレーション)

音響:佐々木恭平(株式会社サウンドカンパニー)

プロデューサー:岩﨑きえ舞台芸術制作室 無色透明

【三重公演】

911日(日)18:00

Théâtre de Belleville

三重県津市美里町三郷2104

チケット:一般 2,500円 25歳以下1,500円 18歳以下・劇場支援会員無料

 

【広島公演】

916日(金)19:30・17日(土)13:00 / 19:00

WAKOゲバントホール

広島県広島市中区本川町2-1-13 和光パレス21 5F

チケット:一般 3,000円(当日3,500円) 25歳以下2,500円(当日3,000円) 

 18歳以下 1,000円

人形の家

全 3 幕。1879 年に発表され、コペンハーゲンのデンマーク王立劇場で上演される。銀行の頭取になる夫と、その妻を中心とした、クリスマスイブから 3 日間の物語。夫ヘルメルから寵愛を受ける妻ノラは、以前、病気の夫を救うために署名を偽造して借金をした。そのことを知る、銀行を解雇されつつある男クロクスタから、ノラは脅迫を受ける。その秘密をヘルメルが知ったときの態度から、ノラは夫と自分の関係を理解し、ある決意をする。

ヘンリック・イプセン(1828-1906)

ノルウェー出身の劇作家・詩人。「近代演劇の父」と呼ばれる演劇史上の巨人。シェイクスピア、チェーホフと並び、現在でも世界中で盛んに上演される。19 世紀当時一般的だった勧善懲悪の物語や歴史上の偉人が登場する大作から離れ、個人の生活や現実の社会の課題などを題材に戯曲を執筆。

主催:一般社団法人舞台芸術制作室無色透明

協力:合同会社 第七劇場 グンジョーブタイ